保険の特約を使おう!

交通事故被害を受けた場合、または受ける前に確認しておきたいこととして、保険の特約をあげることができます。弁護士費用特約といって、弁護士費用を保険会社が負担してくれる特約があるのです。これは任意保険や傷害保険などに付帯される特約です。入っていれば、300万円を限度額として、自己負担なしで弁護士に相談・依頼をすることが可能です。支払われる賠償金は限度額の範囲内であれば弁護士費用と相殺されることはなく、全額被害者のものとなります。法律事務所、弁護士への相談料も10万円まで特約でまかなわれるという形になっていることが多く、相談料の自己負担分なしでよくなることが多いです。これを利用しない手はないでしょう。

特約なお、弁護士費用特約は使ったとしても、保険の等級が落ちてしまうことはありません。利用したからといって、保険料の負担が増額される心配がないわけです。また、被害者本人が加入している保険ではなく、家族が加入している保険に特約が付帯されていれば、その特約を被害者が利用できることもあります。

さらに、現状で加入している保険にこの特約が付いていない状態でも、後付けすることが可能です。現状で被害者となっている方は確認のうえ法律事務所に相談し、まだ交通事故被害に遭っていない人で特約が付いていなければ、付けておいて損はないといえるでしょう。

入院中はどうする?

人身事故の場合、交通事故被害に遭った方は負傷し、入院を余儀なくされることも珍しい話ではありません。その際、交通事故問題の解決のために法律事務所の相談・依頼をしたいと思っていても、入院中は事務所へ行くことができません。入院中であっても示談の話を持ってこられるなどすることはよくある話なのですが、治療で精一杯という状態で、急に専門知識のない話を持ちかけられても困ってしまうでしょう。

相談そのまま加害者側の保険会社の提案に応じてしまうしかないのかといいますと、決してそのようなことはありません。相談は法律事務所まで行かなければできないというわけではなく、出張相談を受け付けているところも増えています。被害者本人だけでなく、被害者の家族による相談にも対応している法律事務所があるのです。

その際の相談料についてですが、出張相談ということで法律事務所に自分で行く場合より高くなってしまうと思う方は多いでしょう。しかし、すべての法律事務所がそうかというとそうではなく、出張による相談料自体は無料にしているところもあります。ただ、交通費は負担しなければいけないことになっているケースもあるため、この点は忘れずに確認しましょう。


有料が普通ではない!

相談料無料交通事故の被害に遭い、法律事務所の弁護士に解決に向けての相談をした場合には、お金がかかると思っている人は多いでしょう。従来は、相談にお金がかかるのは当たり前でした。たとえば、1時間では1万円、その半分の時間では半分の金額といった具合に、相談する時間が長いほど高額なお金がかかるようになっています。簡単で被害も小さな事故であれば相談回数は少なくてよく、大して時間もかからないでしょうが、そうでない場合には相談料だけでかなりの費用負担になるのではないかと心配になってしまいます。

ただ、いまは相談料無料としている法律事務所は多数あります。ただ、法律事務所のWebサイトに大きく表示されている無料の文字を見てすぐに飛びつくというのはおすすめしません。というのも、1回目の相談だけが無料であとは有料であったり、対面での相談は有料でメールや電話の相談のみ無料であったりすることもあるためです。相談料が無料であるかわりに、着手金や報酬金などが割高になっているということもあり得ない話ではありません。このあたりのこともよくチェックしたうえで、無料相談を利用することが失敗しないためには大切です。また、当然のことではありますが、交通事故問題に強い法律事務所であることが重要です

◇推奨リンク◇
https://www.ko2jiko.com/
相談料、初期費用が無料の「弁護士法人アディーレ法律事務所」のホームページです。


交通事故被害の相談料

交通事故被害について慰謝料の自賠責保険基準や任意保険基準、弁護士基準ほか、症状固定と治療打ち切り、後遺症害の等級認定といった具合に、とくに被害に遭う人にとってはじめて遭遇するワードがたくさんあります。これらのワードを見てすぐにどういうものなのかがわかり、適切に対応できるだけの法律的な知識があるなど、絶対の自信があるという方以外は法律事務所の弁護士に相談するのが賢明な判断です。そうしなければ、受け取れる慰謝料などは適性でない、低いものとなってしまう可能性が非常に高くなってしまうためです。

弁護士ただ、弁護士というのは縁遠い存在で、力を借りようと思うと多額の費用がかかってしまうというイメージを強く持っている人は多いでしょう。弁護士イコール高収入の職業であるイメージが強いという人が多いことがその理由となっているのかもしれません。しかし、実際には、少なくとも交通事故の被害者救済についてはそのようなことはないです。弁護士費用は自由に決められるルールがあり、被害者に寄り添った料金設定で運営している法律事務所は多数あります。

たとえば、弁護士というと短時間相談しただけでも高いお金を取られると思っている人は多いでしょうが、交通事故被害者の救済に力を入れている法律事務所では、そのイメージを覆すような料金システムにしていることが珍しくありません。また、法律事務所の料金システムだけでなく、保険によっても弁護士への相談費用は軽減することが可能です。詳しいことが知りたいという方は、ぜひこの続きもご覧になってください。